--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015_10
01
(Thu)19:55

日本人の知らない日本語01~ こんなに可愛いくて純粋な先生いたらいいな


前頁のNHK:日本に来てはみたけれど(中国語字幕) から
続いた動画・・・・・全く偶然にも大発見の素晴らしさを知る。

そして
涙の後
けたけたと
笑うばかり

見なきゃ
損!
ですよ

♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪


日本人の知らない日本語01





2011/09/29 にアップロード


「超ウケるんですけど~」
昨日まで渋谷でカリスマ店員をしていた嘉納ハルコ(23)の目の前には、
外国人たちが­座っていた。

高校教師となることが夢だったのに、
まさか外国人相手の日本語教師とは。
­顔が引きつるハルコ。

「やる気がないなら帰っていいぞ」とベテラン教師・鷹栖(42)に言われるも、
引き下­がれない理由がハルコにはあった。
鷹栖から教科書を奪い今日教えるページを開く。『助­数詞』だった。
「小学生レベルじゃない。日本語教えるなんて簡単よ」と教壇に立つハルコ。

「モノの数え方について質問ある人?先生が何でも答えてあげるよ」
ロシア人のクールビューティー・ダイアナが手を挙げた。

ハルコが指すとダイアナが座っ­たまま答えようとした。
立って発言させるためハルコは言った。
「立って言って」 「た」 「...?」
ダイアナは『た』と言う様に言われたと思ったのだった。

波乱満載日本語バトルの幕開けだった。

「ストローは一個です」と答えるダイアナに、細くて長いものは『一本』と教えるハルコ­。
すると、食いしん坊の中国人・王が 「蛇も一本ですか?」 ..
.生物か無生物かで数え方が違うと教えるハルコ。

動物はその大きさでも数え方が違う。蛇は『一匹』、象は『一頭』。
するとダイアナが意­気揚々と知識を披露する。
「ブラジャーも数え方が違います。
Aとか、Bとか」 「......それはサイズですから」

黒板に 『鮪』と書いて『マグロ』 と教えると、中国人のお嬢様・金麗が
「違う!中国でその字は『チョウザメ』よ!」 聞けば 『鮭』も『フグ』 のことらしい。
ハルコがうろたえているとアメリカ人・ボブが 
「ラーメン茹でる時の網編みカップは何て名前か?」 と聞く。
答えられないハルコ。お構いなしに次々とカルトな質問が。

「醤油を入れる四角くて仕切りのあるお皿の名前は?」 
「持つところが一つの大きい鍋は何あるか?」......

バカにしているのかとハルコは怒った。
しかし生徒たちにとっては、それは生きるために­必要な質問だったのだ。
生活費のためラーメン屋で働くボブが、
麺を茹でる網=『てぼ』が分からず店主に怒鳴ら­れるのを目撃するハルコ。
意を決したハルコは翌日、生徒たちを教室から連れ出した。
それは教育機関の常識をぶち­壊す前代未聞の行動だった。


カテゴリ
教育


ライセンス
標準の YouTube ライセンス







*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

blogramで人気ブログを分析  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。